A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

京極 夏彦 『絡新婦の理』 

内容(「BOOK」データベースより)
当然、僕の動きも読み込まれているのだろうな―二つの事件は京極堂をしてかく言わしめた。房総の富豪、織作家創設の女学校に拠る美貌の堕天使と、血塗られた鑿をふるう目潰し魔。連続殺人は八方に張り巡らされた蜘蛛の巣となって刑事・木場らを眩惑し、搦め捕る。中心に陣取るのは誰か?シリーズ第五弾。


↓ネタバレあり↓
長い。長過ぎる。
シリーズも5冊目。4冊目までは、長いなりに勢いをつけて読み進めることができたけど、この作品は読むのに何ヶ月かかかってしまった。
お陰で、内容を忘れてる忘れてる…。
さてこれから謎解きってなる頃には、「え、その人、誰だっけ?」とか、「え、そんなことがあったっけ?」って、謎が解かれてるってのに全然なるほど感が味わえない(^^;
楽しくないから、さらに読み進めない…。
要するに、あれだ。飽きたのね。
以前も、京極堂シリーズを何冊か読んだところで、飽きたんだよな。
全部は読破してないはず。
この本は、読んだような気もするけど、定かでは無い。

おもしろかったのは、私があまり好きでは無い関口君が、1300ページあたりからようやく登場したこと。
「うっは、関口君、ようやく登場かよww」って、ちょっといじわるな喜び方をしてしまった。
関口君がいないならいないで、別の誰かがその役割を果たす。
他の中心メンバーと違って、関口は、「関口でないと」っていう個性が薄いように思う。
謎解きは京極堂にしかできないし、見えないはずのものが見えるのは榎木津だけだし、刑事は木場修。
でも、おばかさんで京極堂から色々な薀蓄を引き出すのは、関口以外の人にもできちゃうんだよねぇ…。

せっかく関口君の出番が減ったけど、このシリーズの次の本には、しばらく(あるいはずっと)手を出さないつもり。
こんなに1冊読むのに時間がかかってちゃ、どーにもならんもん。
ま、読書自体から遠ざかっているってのも、あるんだけどね。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

page top

ココイチにここ一年くらい行ってない 

「ココイチのカレーが食べたい。しばらく食べてないよね。」って、おかあが言った。
それを受けて私が「そういえば、ここ一年くらい行ってないんじゃない?ココイチにここ一年くらい。」とハイレベルギャグをかましたら、ぴょんたが黙って頭を抱えていた。
いやー、私って、冴えてる!


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 家族

page top

七尾 与史 『偶然屋』 

内容紹介(Amazonより)
その「偶然」は仕組まれたものかもしれない

出会いと別れ、栄光と挫折、幸福と不幸、そして生と死・・・・・・。
運命だと思っていたことは、実はすべて仕組まれていたのかもしれない!?

弁護士試験に挫折して就職活動中の水氷里美は、ある日、電信柱に貼られた「オフィス油炭」という錦糸町にある会社の求人広告を見つける。藁にもすがる思いで連絡を入れると、面接場所に指定されたのは、なんとパチンコ屋!?
数々のミッションをなんとかクリアした里美に与えられたのは「アクシデントディレクター」という聞き慣れないお仕事だった――。
確率に異常にこだわる社長の油炭、かわいいけれど戦闘能力の超高い女子中学生・クロエとともに、里美はクライアントからの依頼を遂行していくが、あるとき「偶然屋」たちの前に、悪魔のような男の存在が浮かび上がる・・・・・・。

ブラックユーモアミステリーの名手、本領発揮!
『ドS刑事』シリーズなどで人気の著者の新たなる代表作!!


↓ネタバレあり↓
最初から最後まで、めちゃおもしろかった。
そして、後半、「こんなページ数でちゃんと終わるのかなぁ?」ってちょっと心配しながら読んでたら、やっぱり!ちゃんと解決しないままに終わってた!!しかも、続編まだ出てない!むむーっ、許すまじ!!!

偶然屋さんに仕事を頼むこと自体は、まあ、やってみてもいいかなって思う。いい仕事してくれそう。
だけど、そこにサイコパスな安倍川が絡んで来ちゃうかもって思うと、絶対もう、頼みたくないよね。
そもそも、偶然を装って何かして欲しいとか、今の私、特にないしw

安倍川にロックオンされちゃった人達が、気の毒でならなかった。
人生をめちゃくちゃにされちゃって、しかも安倍川にとってはそれが、ただの暇つぶしだったとは…。
偶然屋のトリオ、なんとか全員死なずに終わったのは、よかった。
続編でも誰も死なず、安倍川を何とかしてくれることを祈る!
オフ会の店員さん、安倍川退治、もう少しだったのになぁ。惜しい!



ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

page top

笑い声 

「この人の笑い声、時々外から聞こえる。」って、ぴょんたが私のことを、おかあに言いつけてた。
私は1Fの居間でテレビ観て笑ってた。
ぴょんたは2Fの自室で、パソコンやってた。
で、「家の中から聞こえるならまだしも、窓から外に出て隣の家に反響して、俺の部屋に聞こえて来るんだと思う。」だそうだ。
いやー、照れるわー。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: ぴょんた

page top

ミシン壊れた 

2年半前に買ったミシンが、壊れた。厚地の服を直すために縫ったら、壊れた。悲しい。
私の中では、まだ買ったばっかりってイメージなんだけど…。
買った日と店を調べて、長期保証に入ってないか問い合わせたけど、入ってなかった。ちぇっ。
修理代金を知るには、有料で見積もりに出さないとダメらしい。
ミシン、修理するぐらいなら、新しいの買うべきなんだろうな。壊れたの、安いヤツだもんな。
何回ぐらい使ったかなぁ。ほんと、数回しか使ってないと思う。
もう、ミシンなんか買うより、服のお直しのお店に持って行った方がよさそう。
…って、服のお直しの店の価格表検索してみたら、やっぱりお直しはお直しで高いんだよなぁ。
あーあ。どうするかなぁ。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 雑記

page top