A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

【映画】トロイ 

【観】最後まで観た
【公開年】2004
【国】アメリカ
【出演者】ブラッド・ピット, エリック・バナ, オーランド・ブルーム, ダイアン・クルーガー, ブライアン・コックス
【内容】トロイとスパルタの確執の歴史に幕が下ろされようとしていた時、トロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)はスパルタの王妃ヘレン(ダイアン・クルーガー)と恋に落ちた。それが後に史上最大の戦いを引き起こすこととも知らずに。トロイ軍の総大将ヘクトル(エリック・バナ)は祖国のため、アキレスを中心としたギリシャの大軍と戦うことになるのだが・・・。
トロイの王であり、ヘクトルとパリスの父親でもあるプリアモスは名優ピーター・オトゥールが熱演した。
巨匠ウォルフガング・ペーターゼンは、いくつもの国家に分かれていた古代ギリシャの様相、無数の兵士によって繰り広げられる壮絶なバトル、難攻不落と呼ばれた巨大な城塞都、そしてそびえ立つトロイの木馬を見事に描き、永遠不滅の物語「イリアス」を映画として甦らせた。


↓ネタバレあり↓
登場する男がみんな嫌な人だったりバカだったりで、ヘクトルだけがいい人で、ヘクトルだけが割を食って、本当に気の毒だった。(結局、最後にはだいたいみんな死んだけどね。)
ヘクトルの弟は不倫してトロイを戦に巻き込む。しかも、不倫相手の夫に一対一の決闘を申し込んでおきながら、負けて逃げてお兄ちゃんにすがる。ヘクトルは、弟の決闘相手を殺してしまう。
ヘクトルの父は、バカで楽天的な家臣の言葉をヘクトルの言葉よりも信じ、敵を深追いして無用な戦をする。
無用な戦で、ヘクトルはアキレスだと思ってアキレスの従弟を殺してしまう。
アキレスの従弟はアキレスが戦わないと言っているのに勝手にアキレスのふりをして戦って負けて死んだので、自業自得。でも、めちゃイケメンw
従弟は暴走して自業自得で死んだのに、アキレスはヘクトルを逆恨み。
ヘクトルに決闘を申し込み、ヘクトルを殺し、死体を馬車で引きずって持ち去る。ひどい!
ヘクトルの死後、トロイの木馬が海岸に置かれるが、トロイのバカ家臣達は「神への捧げ物だから神殿へ持ち帰るべき。」と城壁内へ持ち込み、敵も一緒にお持ち帰りしてしまう。
なんかもう、ヘクトルがいい人だった、でも周りがみんなひどかった、そんな印象しか持てなかった。
ブラピの魅力、どこへ行った…。
あと、バカ弟のオーランド・ブルーム、つい昨日、「私たち付き合ってませんよね?」というマンガで「何ランド何ーム」って言葉に感銘を受けたばかりだったので、どんな顔の人だか見られてよかった!


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 映画・TV(ネタバレ有)

page top

本日の私的流行語「何ランド何ーム」 

オモコロの「私たち付き合ってませんよね?」というマンガを読んだ。
いろんな女の子(たまに男も含む)から、いろんな言い回しで「私たち付き合ってませんよね?」と言われるだけのマンガ。
ところが最後に、いろいろ話してくれる女の子が!
「私の好みのタイプを知ってるか?知ってるよな?オーランド=ブルームだ」
「お前は何だ?ん?何ランド何ームだ?フナムシが見た悪夢みてーなツラしやがってどういうつもりだ?」って!
私はもう、「何ランド何ーム」って言葉に感じ入ってしまって、心の中の「死ぬまでに言ってみたい言葉のリスト」に「何ランド何ーム」という言葉を書き加えてしまったぐらいだ。

これだけ私が気に入ったんだから、きっと家族もわかってくれるはず!と意気込んでおかあに話して聞かせたんだけど、ぜんぜんリアクションが芳しくない。
口じゃ説明できなかったかなーと思ってマンガを読ませたんだけど、「ふーん?そんなにおもしろいかねぇ…。」って…。
やっぱ年寄りはダメだ。「何ランド何ーム」の魅力は、若者にしかわからない!と意気込んでぴょんたにメールした。
ぴょんたからは、「俺はモールス信号のが好きだった。」って言われてしまった。がっくし。
なんでー?なんでみんな「何ランド何ーム」の魅力に気付いてくれないのー?
誰もわかってくれなくても、それでも私は、「何ランド何ーム」が好き。
ファンタを飲み終えて、「ファンタランド・ファンターム」って言って笑い、ファンタのラベル剥がしたらベタベタしてたので、「わ、ベタベタ。ベタベタンド・ベタベターム」って言って笑った。
おかあからは同情したように「よくわかんないけど、楽しそうでよかったね。」って言われて、そんなおかあにぴょんたは「何も言わずに放っておけばいいんだよ。」って言ってた。つ、冷たい…。

でも、負けない!「何ランド何ーム」は、ひとりでも、楽しい!
こんなイメクラ(だよね?)に行ってみたら、ちょっと楽しいかもって思ったよ。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: おもしろ

page top

中島 京子 『ツアー1989』 

内容説明
注目作家の“記憶"をめぐる傑作小説!
15年前の香港旅行。その時迷子になった男子大学生をめぐって、女性添乗員、ツアー参加者、彼の手紙を届けられた女性の記憶が錯綜し…。真実は? 記憶をめぐる微妙な心理をミステリタッチで描く。


↓ネタバレあり↓
何人かの登場人物それぞれの視点から、各章が描かれている。
最初の章から既に、なんだか夢を見ているような、あやふやで不思議な感じを味わっていたのだけれど、章が変わるごとに、今までの自分の記憶が否定されるような、不安感を増しながら読み進めました。
それは決して不快な感じでは無かったし、私はお話に惹きつけられたので、小説として成功をしているんだろうけど…。
でも、読み終えても釈然としない、不安感が残ったままの、つまり、私もこの物語に出てくる迷子ツアーの参加者のひとりであるかのような、読後感でした。
座敷わらしのように存在感の無いツアー参加者のひとりが、帰りにはいなくなってしまうというツアー、もしあったら私は参加したいだろうか??
うーん、ミステリアスではあるけれど、参加したくないかもなぁ…。
でも、もしそんなツアーが実在したら、興味は惹かれるだろうな。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

page top

だだこねるカエル 

だだこねるカエル

ただいま、プロフィール画像のような、こんな心境になっております。
やだやだやだ~。ヽ(`Д´)ノウワァァァン


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 心・体

page top

津村 節子 『星祭りの町』 

内容(「BOOK」データベースより)
両親を亡くし、江戸時代から続く七夕の町に疎開した三姉妹。次女・育子はそこで敗戦を迎え、進駐軍による町の変貌を目の当たりにする。私利私欲に走る軍人たち、米兵にぶら下がる厚化粧の女。日本はこのまま滅亡してしまうのか。それでも復興した七夕祭りに商店街は活気づき、賑わいが蘇る。自立の道を探しつつ、淡い恋に心ときめかす育子の青春の日々。著者の自伝的小説、第二作。


↓ネタバレあり↓
津村節子。名前は知ってたけど、多分、読むのは初めて。
普通におもしろかった。
自伝的小説ということで、作者が本当に体験したり思ったりしたことが主に描かれている。
自分に素直で、やりたいと思ったことは多少無理を通してもやる。そういう性格、いいんじゃないかな。
時代を読む力もあり、20歳にして起業し、成功する。読んでてワクワクするー!
流行るだろうと思って洋裁を勉強し、店を開いて繁盛したのに、「やっぱり洋裁はあんまり好きじゃない…。もっと勉強したい…。」って、店を閉じて短大に通い始めちゃうのも、わがままと言えばわがままなんだろうけど、結果的にそれで作家として大成功したわけだから、すごいよね。わがままで終わらせてないっていうか。ちゃんと結果を出してる。
戦後の混乱期、親がいても大変な時代に、親戚の力を借りたとはいえ、6歳上の姉が家長となり、祖母と妹と主人公の女4人暮らしで、よく乗り切ったと思う。

ところで、津村節子って、吉村昭の奥さんだったんだね!!
吉村昭が大好きだったのに、全然知らなかった。
エッセイ読んだことが無かったのかも。
今度、夫婦に関するエッセイを、どちらかの(または両方の)作家の作品で、読んでみようと思います。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

page top