A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

東 直己 『ススキノ、ハーフボイルド』 

内容(「BOOK」データベースより)
松井省吾は高校3年の受験生だ。夜のススキノで働く真麻という素敵な彼女(ベタ惚れ)もいる。客引きのアキラさん(いい人!)や土建屋社長の千葉さん(オヤジ)など、友人も増え、最近ようやくススキノが「自分の街」になってきたところだ。夏休みに入ったばかりのある日、同じクラスの勝呂麗奈(誰だっけ?)が覚醒剤で警察に捕まった。暴力団の組長である森野という男と一緒だったらしい。何とか助けだそうとする同級生の金井茉莉奈(かわいんだけどなあ…)のおせっかいや、怪しい動きをみせる同じく同級生の柏木(ウザイ!)らに、省吾はむりやり巻きこまれ…。青春ユーモアハードボイルド。



↓ネタバレあり↓
タイトルで、「ハード」の「ド」が線で消されて「フ」に書き換えられてるんだよね(笑)
なるほど、確かにハードボイルドっぽい要素のある話なんだけど(酒、女、ケンカ)、ハードになりきれてない。ハーフぐらいな感じかも。
北大を目指してる主人公が受験勉強で問題を解くシーンが何度も出て来るんだけど、この問題がまぁ、わからんわからんw
私の頭は、大学受験程度からは相当低いところにあるのだなぁと、悲しい現実を突きつけられた本でもありました。

…と、途中まで読んで感想書いてたんだけど、最後まで読んでぶっ飛んだ!
超ハードだったよ!「主人公が」ではないけど、物語がハードだった!
同級生と同棲してたヤクザが女になりたがってた?そのためにショーとして麻酔無しで去勢手術を受ける!?あーりーえーなーいー!
ものすごく度肝を抜かれる展開だった。すげー。この作者の作品、もう一冊ぐらい読んでしまうかも。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

テーマ: 読書メモ  ジャンル: 本・雑誌

page top

ゲームに恋した3年間 

寝ても覚めても…な感じで熱中してやっていたゲームを、去年末にやめた。
正確な開始日は覚えてないんだけど、2013/12/20頃に始めて2016/12/20頃にやめたので、ちょうど3年くらい遊んだんだな。

そのゲームを効率よくやるためにエクセルで表を作り、そのエクセルを改良することとセットで、ゲームを楽しんだ。
やりたいことをエクセルで実現するために、関数だけでは飽き足らずマクロまで触るようになり、結構エクセルのスキルが上がったんじゃないかと思う。
使った端から忘れていくから、実際にはスキルにはなってない気もするけどね(^^;
でも、「こういうことができるはず」ということを覚えているだけでも、役に立ったりするものだ。
ゲームをやってた頃にぴょんたが私のエクセル先生になっていたら、もっといろいろ捗ったんだろうけどなぁ。

それにしても、あれ程、日常生活の中で最優先と言っていい優先順位を占めていたゲームを、すっぱりぱったり辞めることになるなんて…。
辞めてから半年ほど経ったけど、いったん辞めてからは、まったくプレイしていない。
自分でもなんだか不思議。
時々懐かしくなるけどね。再開する気は、ない。
私の中でひとつの時代が終わったんだなぁって、感慨深いです。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 雑記

テーマ: 独り言  ジャンル: 日記

page top

エクセルの先生、ぴょんた 

私はエクセルが大好きだ。
過去にぴょんたにエクセルの布教を試みて、「便利なんだろうけど、何に使えばいいのかわかんない。」と興味を持ってもらえず、悲しかったことがある。

ところが最近、私とは全然違った使い方をして、メキメキとエクセルの腕を上げているぴょんた。
もう、全然勝てなくなってる。
それで悔しいという気持ちはあんまりなくて、それよりも便利で便利で…(笑)

最近の私は、実現したいのに自力でできないことがあったり、自分でやってみたらエラーになっちゃったりすると、ぴょんた先生に見ていただく。
ぴょんた先生は、私の知らない技を駆使してやりたいことを実現してくれることがあるし、私とは違う視点から見て問題点を洗い出してくれる。

だけど、だからと言って任せきりにはさせてくれない。
私ができそうなことと本当にできなさそうなことの切り分けができるらしく、面倒だから全部押し付けようとすると、「それは自分でできるでしょ」って言われる。
「面倒でも自分でやってれば、上達するから。」みたいなこと言っちゃって。
甘やかさずに生徒を成長させようとする先生かよ(笑)
昔から、ぴょんたには先生の仕事が向いてると思ってるんだけどなぁ。
本人は嫌だって言うんだ(´・ω・`)ショボーン

エクセルに関しては、母として息子の成長がうれしいという気持ちももちろんあるけど、どちらかと言うと便利になってうれしいという気持ちが大きい、ケロさんでした。
ぴょんたとやるエクセルは、ひとりでやるより、ずっとずっと楽しい。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: ぴょんた

テーマ: 成長の記録  ジャンル: 育児

page top

原田 宗典 『醜い花』 

出版社/著者からの内容紹介
この世界にただ1輪咲く,醜い花.忌み嫌われるこの花は何のために,誰のために咲き続けるのか.絶望の果てに醜い花が聴いた奇跡の声は,何を語ったのか.最期に知る自らの隠された真実とは.生といのちの意味,存在の理由を,醜い花に託して静かに語りかける物語が,美しくも幻想的な絵と交錯して織り成す詩的世界.


↓ネタバレあり↓
絵本。英語訳付き。
絵は、特に好きでも嫌いでも無い。
話も、別に…って感じ。

ずっとひとりで寂しかった醜い花、みんなの役に立ててたなんて、よかったね。
最後、人に切られる時も、人が近寄ってくれたことを喜ぶところが、保健所の犬や猫みたいで、悲しく愛しかった。
…っていうわりに、全体を通すと、「別に…。」という感想になる。うーむ、なぜだろう。


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

テーマ: 読書メモ  ジャンル: 本・雑誌

page top

決断と不安 

でっかい決断をひとつ、する。
どっちを選ぶかはもうほぼ決まってるんだけど、不安にまみれている。
というか、首まで不安に浸かっている感じ(^^;
でもまあ、相談する相手もいないし(こんな時は、友達がいないことを不便に思う)、相談したところで結局決めるのは自分だしね。
自分がその件についてどう思っているのか、メリットと問題点を1200文字も書き出して、考えをまとめた。

決断の内容は、やるか、やらないか。
今まで一度もできたことがないことを、求められている。
できる気がしないけど、今は、やってみるしかない状況なんだ。…と、思う。

少し前、精神科のドクターに閉所恐怖症のことで相談した時に、印象深いことを言われた。
「前回のMRIで初めて閉所恐怖症になった。今回もパニックになったらと、不安。」と言う私に、ドクターは、こうおっしゃった。

前回と今回は、違うでしょ。
前回は怖かったけど、今回も怖いとは限らないじゃない。
どうなるかわからないのに、今から不安になってたら、損だよ。
決めつけて、自分に悪い暗示をかけないで。



もうね、目から鱗がポローン!
確かにね、前々回は怖くなかったのに、前回怖くなったってところで、まず変わってるんだからね。
前回怖くても、今回は怖くない可能性はある。
実際、万全に対策していったお陰もあるかもしれないけど、ドクターに相談した後のMRIは怖くなかったんだ。

今、MRIの時のドクターの言葉を思い出し、自分に何度も言い聞かせる。
今までダメでも、今回はできるかも。
できないって自分で決めちゃダメだ。

先を見ると気が遠くなるから、目先のことだけ考えよう。
ぅぅぅ、だけどやっぱり、不安だなぁ(^^;


ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 心・体

テーマ: 頑張れ自分。  ジャンル: 日記

page top