A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

平山 瑞穂 『偽憶』 

内容(「BOOK」データベースより)
15年前のサマーキャンプに参加した27歳の男女5人が、キャンプ主催者の遺言執行者と名乗る女性弁護士に突然集められた。この中の1人が遺産31億円の相続資格者だと言うのだ。「“或る事”をした者」という以外故人が明確にしなかった該当者確定のために、5人はキャンプの詳細をレポートにするよう求められる。事実を捻じ曲げて独り占めしようとする者、分割して相続することを望む者、少額でも掠め取ろうと謀略を練る者、端から関心がない者…。莫大な遺産への欲望に差はあるものの、5人は遠い夏の記憶を手繰り寄せる。


↓ネタバレあり↓
この本を読んだ時、私は読書期ではなかったらしく、まとめて読むことをしなかった。
眠る前にほんの少し読むだけで、かなり細切れに読んだ。
そのわりに最後まで読み終えたので、それなりにおもしろかったんだと思う。

サマーキャンプの参加者で死亡した男の子の描写を読んで、この子は自閉系の発達障害なんだろうなぁと思っていたら、やっぱりアスペルガーだった。
今よりずっと発達障害について知られていない時期に、辛い人生を送ったことだろう。
でも、そんなアスペルガーの子に向かって、何の悪意も無くただ単に感じたままに「ミスタービーンみたい」と言っただけで、崖から突き落とされるって…。
そんなに悪いことしたわけでもないのに、主人公があまりにかわいそうだった。
読後感があまりよくない一冊だった。
関連記事



ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

テーマ: 読んだ本  ジャンル: 本・雑誌

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerotora.blog.fc2.com/tb.php/367-8db1f687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top