FC2ブログ

A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

京極 夏彦 『魍魎の匣』 

内容(「BOOK」データベースより)
匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。


↓ネタバレあり↓
京極氏の小説を何冊読んだか覚えて無いけど、多分5冊くらいかな。その中で一番好きなのがこの作品だった。
今回読み直してみても、やっぱりこれ、好き。
匣の中にきれいな女の子…私もそんな匣、欲しいかも!
少女入りの匣のインパクトが強くて、私は視覚的にこの作品が好きなんだ。
正直、内容は詳しいところまでは覚えてなかったし。

主要メンバーのうち、この作品の主人公は、木場だと思う。
無骨な外見に繊細な心の刑事・木場、関口より好きだなぁ。
ま、京極堂が一番ですがw
関連記事



ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

テーマ: 読んだ本  ジャンル: 本・雑誌

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerotora.blog.fc2.com/tb.php/381-f125a31b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top