FC2ブログ

A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

大山 尚利 『1gの巨人』 

内容紹介
落合は大男が自殺しようとするのを止める。その後、大男は落合に「仕える」と言ってきかない。不気味で人に預けたが、見知らぬ男が来て言う。「大男の行き先を教えろ。でないと俺もお前も殺されるぞ」。日本ホラー小説長編賞作家が描く渾身のサスペンス。


↓ネタバレあり↓
巨人であろうとなかろうと、自殺を止めてあげたからってしつこく付き纏われたら、私だって嫌だ。何とかして追っ払おうとするだろう。
主人公に共感する思いで読み始めたけど、そして主人公は巨人を厄介払いすることはできたのだけど、色々事件は起きていく。
読めば読むほど、どんどん主人公が嫌いになる。
事件も色々起き過ぎて、なんなの?って思い始める。
なんかあんまり好きじゃないなー、この話。
そんな風に思いながら終盤に差し掛かった。

ところが。
終盤、私は声をあげて泣いてしまった。
主人公と出会うまでの巨人の話、そして主人公に捨てられてからの巨人の話を読んだら、巨人がかわいそうでかわいそうで、たまらなくなった。
橋から飛び降りようとしていた巨人を、小さな会社の社長が拾って雇った。
とてもよい関係でいたのに、社長は病気で死んでしまう。
残された巨人は、3年間ひきこもった末、また橋の上に立つ。
死ぬためにでは無く、また自分を助けてくれた人に仕えようと…。
けれど、次に自分を助けてくれた人は自分を必要としてくれず、よそへやられてしまう。
恩人が「あの人の言うことを何でも聞け」と言ったから、巨人は何でもした。
次から次へと、いろいろな人の手に渡りながら、サンドバッグ代わりに殴られたり、人殺しをさせられたりした後、屋上から飛び降りろと言われて、死ぬ。
なんなの、この人生。
どうして巨人は、こんなひどい目に合わなくちゃいけなかったんだろう…。

お世辞にも人間ができてるとは言えない主人公は、自分では気付けなかったけど、周りのみんなから好かれていて大切にされて、最後には幸せになる。
巨人は、あんなに一途で一生懸命だったのに、近所の人や子供からも慕われていたのに、どうして幸せになれなかったんだろう…。
主人公からもらった缶コーヒーの空き缶を、大切に棚に飾っていたのが、マジで泣けた。

だけど、私が主人公と巨人のどちらに似ているかといえば、明らかに主人公タイプ。
誰かを傷つけて、後になって後悔するんだ。
ま、私は主人公と違って、周りから好かれたりしないけどね。
関連記事



ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerotora.blog.fc2.com/tb.php/398-11aa984f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top