FC2ブログ

A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

大竹 昭子 『随時見学可』 

内容紹介
「まもなくしてY字路に出た。いま来た道と分かれて住宅街に入っていく道が先に延びていて、二股のあいだには切り分けたケーキのような形のマンションが建っていた。オリーブグリーンというちょっと変わった色で、〈入居者募集 随時見学可〉という看板が掛かっている。築30年はたっていそうなほど古いのに、外しそこなったのだろうか、それとも下ろす間もないくらい出入りが激しいのだろうか」
表題作のほか、「本棚の奥の放浪者」「ハウスシッター」「水のゆくえ」「タイ式マッサージ」「狐塚公園」「ミステリー・ファン」「キリ番ゲット」「木造モルタル」「ごみ入れや浴室マット」を収録。『図鑑少年』刊行から10年、待望の著者2作目の小説集である。
街やインテリアのたしかなディテールに支えられつつ、一人称単数を削ぎ落とした文体から、変容する都市風景と人間関係、溶けていく「わたし」の身体感覚、日常のなかの「エピファニー」があざやかに描き出された全10篇。


↓ネタバレあり↓
■本棚の放浪者
ハワイの友人宅にあった、ぎっしりと本が詰まった本棚。
その奥に隠すようにしまわれた本は、本棚を作った日本人が隠したものらしい。
こんな風に誰かの家にのんびり滞在できたら、楽しそう。本棚とか家の中とか、いろいろ探検したい。

■ハウスシッター
友人の留守宅で、猫の面倒をみることになる。
建築家が建てた、かっこいいけどめちゃめちゃ住み心地の悪い家で。

■水のゆくえ
集合住宅の一室だけが、水道管破裂のために、水浸しになる。
他の部屋は平気なのに。
非日常的な雰囲気。

■タイ式マッサージ
目を閉じて、最初に触った人とペアを組み、運動をするという体育の授業。
それをきっかけにマッサージに興味を持った主人公。

■狐塚公園
古本大好きな主人公。
異常な電話がかかってきたり、なんかよくわからない話だった。

■木造モルタル
スナネズミ用の部屋、仕事部屋、趣味の部屋と、木造モルタルのアパートの連続した3室を借りて使っている主人公。
移動は押入れに開けた穴から。
いいなー。こんな家、欲しい!

■ミステリー・ファン
ミステリーが好きだった夫と、よく一緒に本を読んだ。
同じ部屋で、別々に、ただ読書をする。
夫の死後、ひとりで読書をしていると、落ち着かなくなってしまった妻。
劇的だったり激しかったり強かったりしない、なんとなくな静かな夫婦愛って感じ。

■キリ番ゲット
歯医者がキリ番をゲットするために(というか他の人にゲットさせないために)、異常にクリックをし続ける。

■随時見学可
高速道路の近くにある、三角の不思議な部屋。
家族に内緒でそこを借りた主人公が、現実を非現実の間をいったりきたりする感じの話。
私もこんな部屋を借りたい。

■ゴミ入れや浴室マット
夫と散歩する話。
特に盛り上がったりしない、淡々とした話。
関連記事



ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerotora.blog.fc2.com/tb.php/403-6362dc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top