FC2ブログ

A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

中島 京子 『ツアー1989』 

内容説明
注目作家の“記憶"をめぐる傑作小説!
15年前の香港旅行。その時迷子になった男子大学生をめぐって、女性添乗員、ツアー参加者、彼の手紙を届けられた女性の記憶が錯綜し…。真実は? 記憶をめぐる微妙な心理をミステリタッチで描く。


↓ネタバレあり↓
何人かの登場人物それぞれの視点から、各章が描かれている。
最初の章から既に、なんだか夢を見ているような、あやふやで不思議な感じを味わっていたのだけれど、章が変わるごとに、今までの自分の記憶が否定されるような、不安感を増しながら読み進めました。
それは決して不快な感じでは無かったし、私はお話に惹きつけられたので、小説として成功をしているんだろうけど…。
でも、読み終えても釈然としない、不安感が残ったままの、つまり、私もこの物語に出てくる迷子ツアーの参加者のひとりであるかのような、読後感でした。
座敷わらしのように存在感の無いツアー参加者のひとりが、帰りにはいなくなってしまうというツアー、もしあったら私は参加したいだろうか??
うーん、ミステリアスではあるけれど、参加したくないかもなぁ…。
でも、もしそんなツアーが実在したら、興味は惹かれるだろうな。
関連記事



ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerotora.blog.fc2.com/tb.php/424-f8df29d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top