A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

有川 浩 『塩の街』 

内容紹介
 塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女。男の名は秋庭、少女の名は真奈。静かに暮らす二人の前を、さまざまな人々が行き過ぎる。あるときは穏やかに、あるときは烈しく、あるときは浅ましく。それを見送りながら、二人の中で何かが変わり始めていた……。
 第10回電撃大賞<大賞>受賞作にて有川浩のデビュー作でもある『塩の街』が、本編大幅改稿、番外編短編四篇を加えた大ボリュームでハードカバー単行本として刊行される。


↓ネタバレあり↓
ぴょんたのオススメで読んでみたら、以前読んだことがある本だった。
覚えてたシーンは、真奈が3階にある自宅のアパートだかマンションだかから、暴漢に襲われそうになって逃げるシーンと、旅してる秋葉と真奈に若い男の子が混ざらせてもらって真奈に惚れる話。
あとはあんまり覚えてなかった。前回は、いつ読んだのかな。

ぴょんたは入江ファンだそうだ。私もだけどw
ぴょんたの好みはわかりやすい。頭がよくて、よく言えばクール、悪く言えばひねくれた性格のキャラが好きなのだ。まあ、私もだけどw
ただ、入江はこの本において、メインキャラでは無い。
いくつかの短編が入っているので、全てにおいて言えるわけじゃないけど、全体を通した主人公は、真奈だと思う。
そして私とおかあは、真奈が嫌い(笑)
だってー。いい子過ぎるんだもん。やさしくて女の子らしくて一途で、誰からも好かれる真奈。私、そういうタイプ嫌いww
なので、全体としては、あまり好きな話では無かったな。

それにしても、有川浩が「ありかわ ひろし」ではなく、「ありかわ ひろ」と読むとは知らなかった。そして、男ではなく女だったとは!
真奈は、男受けする男から見た女の子の理想像だと思ったんだけど、まさか女性が書いてたとはなー。
関連記事



ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 本・マンガ(ネタバレ有)

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerotora.blog.fc2.com/tb.php/451-716936be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top