A d m i n | New entry | Up load | All archives

ケロの毎日

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

動物が好きじゃなくなった 

子供のころの夢は、獣医さんだった。
動物が好きで好きで、犬や猫との触れ合いは大きな喜びだった。
捨て犬・捨て猫問題には胸を押しつぶされそうになり、捨て犬や捨て猫を見つけるたびに家で飼いたいと駄々をこねた。

そんな私が今、動物と触れ合いたいと思わなくなっている。
犬猫を見ても「かわいー!」って思わなくなったし、触ると手を洗わなくちゃいけないから面倒だ。
動物が好きか好きでないかって、人としてわりと根本的な部分だと思うんだけど、そんなところも人間変わるものなんだねー。

今でも相変わらず、捨て犬・捨て猫問題に心を痛める。
ただ今は、そういう問題から遠ざかっているように(読んだり聞いたりしないように)心がけている。
捨て犬・捨て猫を見つけちゃうと、相当苦しい気持ちにはなるけど、でもだからって家で飼おうとは思わない。

クロマメ(犬)の死は、私が動物を敬遠するようになったことの、ひとつのきっかけにはなっていると思う。
クロマメの死に際は、私の心に強烈な恐怖と自責の念を残した。
もうあんな辛い思いはしたくないって、若干トラウマ気味に思ってる。

でも、クロマメを飼っている時から既に、私は動物ヘの興味を薄めていた。
別に、外でよその犬猫を触らなくても、家に帰ればクロマメがいるし。
(とは言え、昔は家で犬猫を飼っていても、外でもよその犬猫と触れ合いたかったけどなー。)
それに、犬を飼うって、楽しいことばっかりじゃなくて、例えば家の中が汚れるとか留守にしにくいという不都合もある。
今まで、犬や猫を飼っても、私は責任のない立場でただかわいがればよかったので、初めて私が主体で犬を飼ってみたら、思ってたより楽しいことばかりじゃなかったってところなのかな?それだけじゃないような気もするけど。
(てか、私が家主ではあるけど、どう考えても世話的には私主体で飼ってはいなかったよなぁ、クロマメも。)

犬や猫などの動物だけでなく、幼少期の私は、虫も大好きだった。
ダンゴムシやアゲハの幼虫を飼い(アゲハは私の部屋で羽化し、手乗りアゲハになった。)、カマキリやトンボに噛まれて泣いたこともある。
家に出たゴキブリを「殺さないで!」とおかあに縋ったこともあるらしい。
それが今では逆に怖くてゴキブリを殺せなくなっていて、触れる虫と言えば蟻や蝉の幼虫ぐらいかも。

この調子でいくと、そのうちに今は嫌いな人間が好きになってもおかしくない。
老後は、友達たくさん作って、街で子供を見かければ「かわいー!触らせて!」って言ってるかも。
そうなったらおもしろいけど、まあ、まずそうはならないなw
なりたいとも思わないし。

虫と動物、好きだったけど好きじゃなくなったものだけを書いたので、人生つまんなくなってそうに思えるかもしれないけど、他に好きなものができてるので、大丈夫。人生は楽しいです。
ただ、「自分の中でブームが起きては去っていく」という実感は、ある。
今、夢中になって楽しめていることも、一生続く訳ではないんだろうなーって。
飽きっぽくても、次々と新しく夢中になれるものが出て来てくれればいいけど、ブームが去る一方になったらどうしようって、そういう不安は少しだけあるけど、まー、そんなこと心配してもしょうがないしね。
今、楽しめることがある。それでいいじゃないか。
関連記事



ブログランキング FC2ブログランキング

カテゴリ: 雑記

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kerotora.blog.fc2.com/tb.php/452-ab2cfff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top